本文へスキップ

東洋技研は、mizu-Qシリーズの販売をしている会社です。

5月30日 大和川の水を飲んでみました


今回は、大阪府柏原市にある親水公園の大和川の水を浄水化して実際に飲んでみます







今日は曇りで、それほど暑くなく過ごしやすい気候です。







園児やお年寄りの方が散歩されてました。







川岸に近づくと、河川特有の臭いがします。
臭いは今までで、一番感じる方だと思います。








濁度は、他の河川とそれほど変わらない様な感じです。










そして今回使用する原水です







原水を反応試験紙で検査してみました。


※恒温器にて36℃を24時間保ち5月30日に撮影
(左:一般細菌  右:大腸菌)

赤い点はコロニーと言い、菌を表し
薄赤いシミの様な箇所は菌の運動性を示しています。





早速、mizu-Q PLUSで浄水化してみます!!





写真では確認し辛いですが、原水の方は黄ばみがあり臭いも結構あります。



中空糸膜と繊維状活性炭で、雑菌や濁りを取り除くので
池の水が安心安全な飲料水になります。







実際に飲んでみると味は…


浄水自体には独特の味も無く、飲む事は可能ですが
臭いは結構残っていましたが、飲めなくは無い感じです。



これから梅雨時期を迎ると、水害や土砂災害が懸念されます。
mizu-Q PLUSは、アウトドアや海外旅行以外に
災害時にも活躍するアイテムですので、是非お試しいただければと思います。